愛知県のむち打ち治療はハピネスグループの交通事故治療ナビにご連絡ください。ハピネスグループ 愛知 交通事故施術ナビ

交通事故施術専用ダイヤル 052-414-5300

交通事故症状

交通事故症状

交通事故症状

こんな症状はありませんか?

交通事故の際、打撲や捻挫などすぐ分かる痛み以外に、
他の痛め方と違う「交通事故に特有な症状」がしばしば現れます。
交通事故で現れる症状は主に以下です。

1.むち打ち
2.頭痛
3.めまい
4.吐き気
5.耳鳴り
6.全身倦怠感
7.腰痛

また、事故に遭った直後はなんともなかったのに、
後々になってから違和感が出てくることも少なくありません。

これらの症状は多くの場合、首にダメージを負ったことが原因だと思われます。

交通事故に遭われた患者さんの首を評価させていただくと、
首がひどく曲がってしまっていることがよくあります。
この首が曲がって固まったままの状態は、容易に改善するのが難しいのです。

これは交通事故損傷後、あまり有効な施術を受けずにいたため、
このような状態になってしまったと思われます。

なぜなら交通事故損傷後から当院で施術させて頂いている患者さんには、
このように首が曲がって固まるという状態にはならないのが普通だからです。

ですから、交通事故損傷の場合、早期からの有効な施術が求めらると考えられます。

むち打ち損傷に関しては、下記の様に分類されます。

頚部捻挫型

頸椎をとりかこんでいる筋肉や靭帯、関節包の損傷で主に頸部、肩、背中の痺痛、運動制限が現れます。

神經根型

頸椎に歪みができると神経の通り道が狭くなり、頸椎から出る神経が圧迫され、
首の痛みや頭痛、腕のしびれ、痛み、だるさ、筋力低下、知覚鈍麻、首や肩の関節の運動制限などが現れます。

バレ・リュー症候群型

背中を走っている後部交感神経を損傷したり、圧迫を受けると頭に行く血流が低下し、
首の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。
この三つの症状の混合型も多く見られます。


軽微な事故での受傷でも、なかなか症状が改善されない症例には、
この病態の可能性もあると考えられています。

交通事故と頸椎(首)の関係

交通事故の際になぜ首が痛んでしまうのか?
・交通事故の際、シートベルト等で固定されている部分でない為、頭部に大きな衝撃が加わるため。
・交通事故の特に急な追突事故では、予想されない方向から衝撃が加わり、首の筋肉を緊張させ損傷から守ることができないため。

交通事故損傷・むち打ち症を治すために必要なこと

交通事故損傷・むち打ち症で求められる、より良い施術の条件とは?

1.毎日でもできる程度で体の負担の少ない手法であること
2.施術を継続できるように、毎回効果を実感できること
3.負傷した部分だけでなく全身の回復を期待できること
4.後遺症の残る可能性をできるだけ下げるため、
交通事故損傷の直後はより効果の高い施術を受けること

特に重要なのは、4の施術開始時期です。
早期に施術を始めなければ首が曲がって固まってしまうからです。
こうなってしまうと、改善させることが難しくなります。

病院で行う薬品の投与や湿布を貼るなどの取組のみでは改善できないケースも非常に多くあるため、レントゲン診察後に異常がみられず身体の違和感・不快感が残っている場合は、お早めに当院までご相談ください。

医療機関を変えるべき判断基準

現在、医療機関に通院しており、転院をお考えの方もいらっしゃるかと思います。

では、どんな時に転院を考えるベきでしようか。

基準としては
1、2週間が経過しても症状が改善されない場合
2、痛みがあるのに異常なしと診断された場合
3、リハビリの開始を待たされる場合

1.2週間が経過しても症状が改善されない場合

なぜこのように短期間での判断が必要かと言いますと、
交通事故損傷は腰痛や肩こりのように普段の生活のなかで起こる症状とは違い、
外部からの大きな衝撃により受けた損傷であるため、
時間が経つと治すのが非常に難しくなるからです。

そのため、より早い段階で有効な施術法に変えていく必要があります。

実際、交通事故損傷の場合には、約三ケ月で症状が固定されるケースが大部分です。
また、損傷具合により保険会社も6ヶ月前後を目安に支払いを終えます。
つまり、それ以上の期間が過ぎてしまうと症状の改善が難しくなるのです。

ゆっくり改善しようというのは、交通事故損傷の場合は当てはまらないと思って結構です。

2.痛みがあるのに異常なしと診断された場合

交通事故によるむち打ち症は背骨全体の微細なズレ多く、
レントゲン診断だけで判断を行った場合、
このような状況も珍しくはありません。

またシップだけ渡されて終わり、温めて牽引だけして終わりなどといった場合、
逆に症状を悪化させるケースもありますので、注意しましよう。

3.リハビリの開始を待たされる場合

急性期の場合、施術するにはたしかに技術が求められます。
ですから、ある程度症状が固定してからリハビリを始めようと考える場合も多いようです。

しかし、大きく改善させることの可能な貴重な時期をみすみす逃してしまうことにもなりかねません。

交通事故損傷・むち打ち症への施術法

交通事故での損傷の場合、当初の損傷施術を受けている間に徐々に頭痛やむち打ち症など、初めには現れなかった症状が出てくることがあります。

レントゲンでも確認できない程度の脊椎へのダメージは、
事故に遭った本人でも気付かないことがあるため、
症状が現れるまえに、的確な診断とメンテナンスが必要です。

当院では、後日現れるであろう症状を予測し、
むち打ち症やめまい、頭痛など首への損傷カから引き起こされる症状に有効な手法『無痛の骨格調整』にて施術を行います。

この手法は、頚椎からくる症状がすでに出てしまっている方には、
一度目ですぐに効き目を感じられる効果の高いものです。

交通事故でのむち打ち症の場合、筋肉などの軟部組織だけでなく、
骨格・関節への働きかけも必要になります。

骨格・関節のずれから生じる痛みに対して、
筋肉への働きカいけのみでは身体を元の状態に戻すことができません。

マッサージなどの施術で筋肉のバランスをとり、
その後『骨格調整』することで、できるだけ早期の回復を目指します。

施術を受けていくことで効果を実感できてきますので、
前向きに通院を続けていくことができます。

交通事故損傷の施術料金

交通事故が原因によるものは、どの医療機関で受けても施術費は無料です。
費用は保険会社により支払われますので、ご安心ください。

また、当院では医療機関を選ぶのに悩まれている方へ『無料体験』を実施しております。

無料体験

『無料体験』とはどんな内容カかと言いますと、
保険会社に手続きや連絡をする前に一度無料で施術を受けていただくというものです。
もし、施術を続けたくない場合には、保険会社への連絡も必要ありませんし、料金もかかりません。 是非一度、他院との違いをお試しください。

交通事故施術ならハピネスグループにお任せください

ページの先頭へ